2017年11月17日

2017年11月歌会から

11月 月例歌会から
 11月4日(晴)14:00〜17:30

出席者 12名で開催。
今回は 自由詠 一首提出。

(☆:みんなの感想  ★:作者の意図など)

  <一席>

yamada201711.jpg


☆ 自分の心模様を詠んでくださっているよう。あの人と結婚していたらどうなっていたか?など想像すると心迷うけど、無心になって今を受け入れるようにしなければと反省。「今のままでいい」とはなかなか思えないので、作者を尊敬する。艶っぽい歌かと思ったら真面目な歌だったのでちょっと残念。無駄な言葉がなく素直な表現で好きな歌。青春の時を思い返すとこういう思いになる。

★ 自分らしく自分を失くさないで生きることへの吐息ひとつ。


  <同ニ席>

kanna201711.jpg


☆ 体を酷使するほど自由を謳歌されているのだと思えば素晴らしい事。することが何も無いと鬱になる。夫の様子を冷めた目で見つつ、半分は応援しているような妻の優しさも感じ微笑ましい。定年後趣味もなくずっと家におられては鬱陶しい。家庭菜園とか良い趣味を持つ男性の事も耳にする。本人にも生きがいが出来、家族にとってもいいこと
ではないか。

★ 私が勧めたのですが、ここまでのめり込むのなら勧めなければ良かったと後悔しています。



  <同ニ席>

bun201711.jpg


☆ まず1〜2行の導入部分で引き込まれてしまった。やさしい語り口でメルヘンチック。起承転結もしっかりしていて歌のつくりが上手い。目標とするような生き方の暗喩として、シャボン玉を使った発想が面白い。自分で努力してもできないこともあり、肩の力を抜いた素敵な生き方だと思う。何と言っても5行目の「・・・オシマイ!」に惹かれた。そのような終り方をしたいものだ。

★ 確実に近づいてくる終りの時、どんな風に終りたいかなぁと考えてみました。



  <同ニ席>

ajisai201711.jpg


☆ 4〜5行が童謡の「ちいさい秋」の替え歌であり、可愛くて点を入れた。今はあまり見ることはないが、昔祖母が吊るし柿を作ってくれていたのを懐かしく思い出した。自分は糠漬けを作ったことがあるが、自分で作ったものが食べられるようになるまで待つというのは、気になるし楽しいもので、ついつい「美味しくなぁれ」と呟いてしまう。

★ 毎年友人から届く渋柿を吊るすと、秋が来たなぁと感じます。同時にこの歌が浮かんできてつい口ずさみたくなります。


  <三席>

kuramoto201711.jpg


☆ 新しいものは便利かもしれないけれど、年寄りには複雑すぎて使い方がわかり難く、壊さないかとヒヤヒヤする。「ワクワク」「ビクビク」のカナ文字で比較して並べられたのが面白い。年金生活になった途端出費が増えたので、作者の思いに共感する。最近はとにかく物を壊さないように大切に使う事が一番だなと思う。

★ 昔は、更に機能の良い製品が買えるかと内心楽しみな時もありましたが、今は、冷蔵庫、レンジ、洗濯機と、立て続けに壊れそうでビクビクしています。


posted by 甘 at 15:21| Comment(1) | 月例会

2017年10月28日

2017年9月例会から

9月 月例歌会から
 9月9日(晴)14:00〜17:30

出席者 13名で開催。
今回は 自由詠 一首提出。

(☆:みんなの感想  ★:作者の意図など)

  <一席>

yamada201709.jpg


☆ まだ広島にいれば安心?と思えるような歌。安らかで、穏やかで「親子でいられる」という幸せ、ありがたさ。こんな時代があったなぁと過去を振り返り、爽やかな気持ちになれる。今は忘れていた思い、何でもないことが一番なんだということを改めて思わされた。言葉のひとつひとつに幸せが感じられる。

★ 帰省中の子の寝顔に 思い出が溢れる夏の一時です。


  <同ニ席>

ajisai201709.jpg


☆ 捉え方が面白い。羨ましい限りです。作者のかわいらしさ、人間らしさが出ていてわかりやすいのがいい。ほかの事では三冠はとれないけど、こんな三冠王もあるのですね、ふふふ・・・。「よし」のリフレインが効いている。

★ 今年 血液検査を受けた結果、全く正常でそれは見事なものでした。



  <同ニ席>

kuramoto201709.jpg


☆ 百日紅の特徴を、よ〜く表している五行目に点をいれた。百日紅の揺れ具合、たまたま今日見かけたので「うんうん」と思った。やさしくて素敵な表現ですね。紫の花もあるそうですよ。

★ 風が吹くと何でも横に揺れるのに、百日紅だけは上下に揺れるのが不思議です。可愛くて好きな花です。



  <同ニ席>

yuuyuu201709.jpg


☆ 一人暮らしだと何でも自分でやらなければいけない。電球ひとつくらいは・・・と思うけど、足元、手元のおぼつかなさが一人のさみしさに追い打ちをかける。普段は何ともないのにふと感じるさみしさですね。平仮名の「さみしさ」にいろんな含みを感じさせられます。

★ こういう時に特に男手を恋しく思う私です。


  <同ニ席>

sumairu201709.jpg


☆ 本当の事ばかりをはっきりと言われるのはどんなものだろう。悪口や欠点ばかり聞かされると不快だし、顔も鬼のように見えてくる。いやな顔にはなりたくないものです。もっと褒めて育てればよかったかなと子育ての頃を思い出した。五行目を人生の教訓にしようと思った。

★ 相手をほめるときの顔は楽しそうでいい表情。悪口や欠点ばかり言う人の顔は、暗くて見苦しい。
人のふり見て我がふり直そう。



posted by 甘 at 15:24| Comment(0) | 月例会

2017年8月 月例歌会から

8月 月例歌会から
 8月9日(晴)14:00〜16:30

出席者 お盆に近かったせいか、出席者6名で、欠席歌14名でした。
今回は 題詠 :「」 一首提出。

(☆:みんなの感想  ★:作者の意図など)

  <一席>

kuramoto201708.jpg

☆ 倒れそうで倒れないコスモス、大好きです。出掛けなきゃ〜と、きりっとした感じが好き。私は、ふわっとした感じでいいなぁっと思いました。同じ‘風’でも、幸せな人は幸せな歌が詠めるんですね。やさしくて幸せな気持ちになります。家内が19歳の時の初デート、宮崎県の生駒高原のコスモス畑を思い出しました♡

★ 皆さん同じと思いますが、あまりに暑いのも寒いのも苦手、そよ風が吹くころが、一番好きな季節です。


  <ニ席>

ajisai201708.jpg


☆ 着眼点の良さと面白さがあって、こんな天気予報があったらいいなぁ〜と思いました。北風三メートルは寒くてイヤだけど、南風三メートルは、とても心地よさそうですね。あたたかく夢があって、心が喜ぶような歌。幸せの南風、みんなに吹いてほしいです。この歌を、そのまま天気予報士さんに読んで欲しいです!

★ ニュースも新聞も、戦争への道まっしぐらの感じばかりで息も胸も苦しくてなりません。風の便りでいいから、誰かいい便りを聞きたいのです。



posted by 甘 at 15:17| Comment(0) | 月例会